代表挨拶
トップ> 代表挨拶

方針

当事務所の基本方針は安全で、自然との調和を図り、快適な空間づくりを目指し、優しくシンプルな建物を心掛けています。

静岡県も昭和51年に東海地震説が発表されて、建物の耐震性が重要であると叫ばれています。平成7年1月17日の阪神大震災はその事を痛感させられまし た。当事務所ではその以前から構造設計に重きを置いてきましたが、性能設計になったこともあり、より一層の研究をもって取り組んでいます。

また、地球環境を考慮してパッシブソーラーや太陽光発電等を利用したシステムも手掛けています。

以上のことを目指し、設計活動を通して建築文化の向上と地域社会に貢献できる建築関係諸団体にも所属をして仲間の建築士と共に協力しあい、構造建築家として活動しています。

home.jpg
「風とお日さまと眺望の家」
・平成7年度静岡県住まいの文化賞優秀賞受賞
・沼津市優良建築物賞(住宅部門)受賞

代表者経歴

澤木 俊治

・一級建築士
・建築構造設計一級建築士
・建築構造適合判定員
・建築構造士
・建築積算資格者
・インテリアプランナー
・耐震診断・耐震改修技術者
・静岡県地震被災建築物応急危険度判定士
・静岡県耐震診断補強相談士
・震災建築物被災度区分判定・復旧技術者
・長寿社会対応住宅相談員

主な経歴

1969年3月武蔵工業大学建築学科卒業
1969年4月松井源吾+O.R.S事務所 入社
1972年4月早稲田大学産業技術専修学校非常勤講師(構造設計)
 (1974年3月まで)
1974年3月松井源吾+O.R.S事務所 退社
1974年4月(有)沢木設計事務所 入社 三島分室 管理建築士
1981年9月(有)沢木設計事務所 開設者及び管理建築士に就任
1992年4月地震被災建築物応急危険度判定士講習会講師
 (1996年3月まで)
1994年4月(社)静岡県建築士事務所協会理事及び耐震判定会委員長
 (1998年3月まで)
1995年4月(社)日本建築士事務所協会連合会 建築物耐力判定特別委員会委員
 (1996年7月まで)
1998年4月(社)静岡県建築士会三島支部支部長
 (2000年3月まで)
2000年4月(社)静岡県建築士会常務理事
 TOUKAI-0関連特別委員会委員長
判定士協議会副代表幹事
(2004年3月まで)
2001年7月(社)静岡県建築士事務所協会
マニュアル作成及び講習会講師
(2004年3月まで)
2003年4月(社)日本建築構造技術者協会中部支部 静岡部会部会長
2004年2月~3月(財)日本住宅・木材技術センター
限界耐力計算法解説書編集委員会WG委員